2011年03月23日

3月23日の計画停電

昨日、横浜市からのツイッター情報で知ったのですが、
計画停電のグループ分けが、若干変更になったそうです。

僕の住んでいる名瀬町は、3と5に分かれていたのですが、
5に一本化された模様。
本日の第5グループは、18:20〜22:00です。

■横浜市計画停電予定表
http://www.city.yokohama.lg.jp/shimin/koho/0311zishin/teiden.html

最近「名瀬」「ガソリンスタンド」という検索ワードが非常に増えています。
名瀬のエッソは、今日から通常営業だそうです。
ドトールは25日からという貼り紙がありました。
posted by akira at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

3月18日の東戸塚 Part3

最後は駅周辺の写真。

節電対策で暗くなっていた東戸塚駅の通路。

P1030915resize

そういえば、今日(19日)にオーロラモールに行った時、
西武とダイエーで、ずいぶん照明の使い方が違うのが気になりました。
(ダイエーは照明を暗めにしていたけれど、西武はいつもと同じだった)
まだまだ電気が足りない状況は続くのですから、各企業が節電を意識して欲しいですね。
(その意味では、セリーグの25日開幕は言語道断!)

P1030918resize

西口では、エフエム戸塚の方々が義援金の募金を呼びかけていました。
僕は、Yahoo!で募金してしまったので素通りしました。スミマセンm(_ _)m

一方、改札を入った所の広告は、撤去されていました。
テレビでもACのCMばかり流れているようですが、
ここまで規制しなくてもと思うのは僕だけでしょうか。

P1030919resize
posted by akira at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月18日の東戸塚 Part2

昨日、名瀬から駅前まで歩いたのですが、
実は今日(19日)も駅まで行って来ました。
たった一日の違いですが、随分と町が落ちつきを取り戻してきているように感じました。
その辺りも交えて、昨日の写真を紹介してみたいと思います。

まずは、名瀬下の交差点にあるガソリンスタンド。
14日・15日あたりで、他のスタンドが休業してしまう中で給油可能だったため、
大渋滞を引き起こしていたのですが、16日以降は整理券制になり、渋滞はしていないようです。
この日は、入荷せずに休業していました。

P1030897resize

P1030899resize

今日(19日)も名瀬のスタンドは整理券制でしたが、
川上インター入り口のスタンドも開店しており、
夕方駅から戻る時には、リンガーハットの前あたりまでしか行列はありませんでした。
僕は名瀬のスタンドに会員登録をしているのですが、
明日(20日)は整理券が700枚に増加するようです。
三連休明けには、ガソリン不足も解消するのではないでしょうか。

こちらは、縄マンションにある「横浜食糧」というお米の安売り店です。
17日にバスで前を通った時にはすごい行列ができていました。

P1030901resize

今日(19日)はしっかり開店しており、12時30分頃に前を通った時には行列もなく
「売り切れかな」と思って店の中をのぞいたら、まだ在庫があるようでした。

※「横浜食糧」の場所について誤記の指摘をいただき、修正しました。
posted by akira at 19:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 災害・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月18日の東戸塚 Part1

18日は、本来お休みなのですが、今後の輪番停電対策を検討するために、臨時の出勤になりました。
まだバイクのガソリンはあるのですが、イザ電車が動かない時に通勤に使うために温存。徒歩で駅まで向かいました。
本当は、時系列で書いた方が良いのかもしれませんが、一番印象に残ったエピソードから。

品濃町の交差点にある「とり吉」の前で、テーブルにパンやらお弁当やらを並べて売る姿が…。
思わず、声をかけて写真を撮らせて頂きました。

P1030906resize

ブログに掲載する旨をお願いして、少しお話をさせて頂いたのですが、コンビニやスーパーから食べ物が無くなっている現状を何とかしなければ、ということで店頭販売をされているとのこと。取引先にお願いして、お米も販売できるようにしたいというお話もされていました。

P1030908resize

エイトさんの系列では、壱八屋さんをよく利用しますし、縁日亭さんは、僕たち夫婦が東戸塚に家を探しに来た時に、最初に入った飲食店だったります。
とり吉さんも、心引かれてはいるのですが、バイク通勤の身としては、アルコール飲むわけにはいかないしなぁ…ということで、いまだ未体験です。
検索してみたら、立派なホームページ(こちら)を発見しました。
posted by akira at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

3月18日の東戸塚(速報版)

名瀬から駅まで歩いて出勤中。
マルエツ、ココス、オリンピックともに行列などはありませんでした。
品濃町の交差点にある「とり吉」でお弁当やパンなどを販売しています。
posted by akira at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

3月17日の計画停電

3月17日(木)の計画停電は、予定されている全ての世帯で行うと発表されました。

■NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110317/k10014728511000.html

本日は気温が低いために、暖房による電力需要が見込まれるためだそうです。
ウチも今エアコンを使っているのですが、早めに消そうと思います。

3月21日(祝)までの予定も発表されています。

■東京電力HPより
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110316g.pdf
タグ:地震 災害
posted by akira at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

今していること

地震の発生から5日が過ぎました。
被災地にいる皆さんはもちろんのこと、交通機関の乱れ・停電などの影響を受けている地域の方たちも、不安な気持ちを抱えて生活していることと思います。
僕自身も、何をすればよいのかという迷いのあるまま、「とりあえず出来ることをやろう」と考えて、行動しています。何かの参考になるかもしれませんので、まとめてみたいと思います。

■まずは節電
節電の方法については、既に色々な情報が出回っていますのでここでは書きませんが、節電を行うことで輪番停電での実際の停電頻度を落とすことができます。停電頻度が下がれば、生活に安定感が生まれますし、安心感も広がるでしょう。もちろん、被災地に電力を回すことのできる幅も広がるはずです。
だんだん状況に慣れてきて、最初の頃の節電意識が薄れて来た頃が、一番危ないのではないかと、個人的には思っています。まだまだ1か月以上もこの状況が続くのだという意識を持っていたいと思います。
逆に言うと、最初にがんばり過ぎて、息切れしない(健康を崩したりすることも含めて)ことも大切です。

■情報の共有
地震が起きた時には、ツイッターでの情報がかなり役に立ちましたが、僕自身がツイッター初心者(3月1日に登録したばかり)ということもあり、せまい地域での情報収集には活用できていません。こちらのブログは、平時でも平均して毎日100以上のアクセス(ページビューでは200ぐらい)ありますので、10人しかフォロワーのいないツイッターでリツィートするよりは情報発信力があるはずなので、このブログでも情報を発信しています。
また、以前の日記にも書いたように、mixiの東戸塚コミュには、色々な情報が上がっているので活用できると思いますし、僕自身も(ふだんはあまり書きこみはしないのですが)いくつか情報を書かせて頂きました。
ただ、パソコンや携帯での情報収集に慣れていない方も多いでしょうから、本当はネットではないリアルな世界のコミュニティが活かされるべき場面だと思うのですが、子供のない我が家はそれほど顔の広い存在ではありません(もちろん、ご近所と隔絶しているわけではないと思いますが)。ラジオの放送で、美容師さんが「輪番停電の情報などでも、ご存じない方の率が意外と高い」との情報を寄せられているとの話を聞きました。店舗を経営してらっしゃる方、大通りに面して自宅のある方など、このような情報を紙に書いて貼りだして頂くだけでも、ずいぶんと役に立つのではないかと思っています。

■あるもので過ごす
現在、東戸塚界隈で最も深刻な状況は、ガソリン・食糧などの購入が困難なことではないかと、mixiの書きこみなどを見ていると感じます。
我が家は妻との二人暮らしなので、それほど多くの食糧は必要なわけではありませんし、水や毛布などは事前に買い置きがありました。
僕は仕事の関係上いつもは外食が多いのですが、今は職場の周りでも食糧の購入は難しいのでお弁当にご飯とふりかけだけは持って出かけています。米はまだ買い置きがありますし、いざとなったらお正月のお餅が残っていますので、現状で食べ物の心配はしていません。
コンビニの棚などを見ていると、おせんべいやチョコレートなど、イザという時には食糧がわりになりそうなものは、意外と残っていたりします。そう考えると「非常時に備えて」というよりは「できるだけ普段の生活レベルを維持したい」と考えている方が、意外と多いのではないかな、と思うところもあります。
ちなみに、電源に関しては、エネループが活躍しています。非常用の懐中電灯や情報収集用のラジオなどは、エネループの単三型を使っています。今回のように「停電する時もある」程度であれば、停電していない時に充電できますし、普通の充電池のように充電してしばらくすると放電してしまっているということもないので、非常用電源としては向いているのではないでしょうか。
タグ:地震 災害
posted by akira at 09:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 災害・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

3月15日の輪番停電

15日(火)の輪番停電のスケジュールが発表になりました。

■横浜市
http://www.city.yokohama.lg.jp/shimin/koho/0311zishin/teiden.html
posted by akira at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北地方太平洋沖地震 vol.03

鎌倉駅から北鎌倉駅までは、観光ルートとしても知られている道で、僕も何回も通ったことがありました。
北鎌倉側から登るよりも鎌倉側から登る方が坂が急なので、鎌倉側から歩いたことはあまりありませんでしたが…
渋滞している鎌倉街道を横目に見ながら、ひたすら歩きます。観光客にまざって、学校帰りの学生の姿なども見られます。反対側には、私立の小学校と思われる生徒達の集団下校の姿もありました。
横須賀線と鎌倉街道の交差する踏切まで来てみると、鎌倉街道の渋滞の原因がわかりました。踏切が下りっぱなしになっていて、自動車が渡れないでいるのです。
「なんで踏切を開けないんだろう」と思いつつ、北鎌倉駅まで行ってみました。
列車の運行再開とか停電の状況とか何か新しい情報が手に入るかなと思って駅に立ち寄ったのですが、特に情報はなし。
窓口で駅員と警官が話をしていたのですが、警官が渋滞の原因となっている踏切を開けてくれないかと交渉していたようです。ところが駅員の方は「上から踏切は開けるなと言われている」の一点張り。「いったん踏切を開けてしまうと、列車の運転再開の時にチェックしきれないので…」というのが理由らしいのですが、いつになったら運転再開ができるのかわからない状況で、渋滞の発生源になっている状況を放置するのは、会社の姿勢としていかがなものかと思いました。
結局、僕が北鎌倉駅を後に歩き始めた頃に、それまでガラガラだった道路に車が通り始めたのですが、地元の方が手動で踏切を上げ、車を通していたようです(この後、他の踏切で、そういう場面を目撃しました)。そういう行為はJRとして黙認していたわけですから、結局「こちらは安全のために通行止めにしたので、事故が起きてもウチの責任ではありません」と説明するための責任逃れなのではないかと思っています。

さて、北鎌倉から大船までは、それまでの道と比べると多少不安がありました。通ったことがある道ではあるのですが、歩きではなく自動車で通ったことしかなく、しかも他の人の運転する車であったことが圧倒的に多いのです。ただ、おおよその道はわかっていたので、大丈夫だろうと思っていました。
途中、同じ方向に歩いている方に声をかけて道を確認したり、停電の範囲がどこまでなのかを確認したりしましたが、この時点で停電の範囲を知っている方は全くいませんでした。

しばらく歩くと湘南モノレールが見えてきて、大船駅が近づいていることがわかりました。
この辺りになると飲食店が並んでいるのですが、ほとんど閉店したまま。ただ、中には「トイレ使用可」といった張り紙を出してくれているお店もあり、僕は利用しませんでしたが、こういうことをしてもらえるのはとてもありがたいと感じました。

大船駅に着いたのは18時50分ごろでした。JRは自前の電源を持っているので、駅にはあかりがともっています。
ありがたいことに、大船駅では改札を開放し、構内のトイレを使用できるようにしてくれていました。ホームに下りることもできたので、ホームの自動販売機でミネラルウォーターのペットボトルを購入。トイレと水という二つの問題が解決したので、少し気が楽になりました。
駅構内の液晶モニターでは、テレビの中継を流しており、ここで僕は東北地方の津波の映像を初めて見ました。そして、想像以上の被害の大きさに茫然となりました。
この時点では、まだ自宅にも家族にも連絡が取れていませんでしたので、家族と自宅の状況がとても心配でした。僕の家は、本棚もたくさんありますし、カメラの置かれた棚もあります。本棚やカメラの棚が倒れていたら、その後片付けには膨大な時間がかかるかもしれません。
妻の職場は自宅の近くなので、そこにいてくれれば安心なのですが、今、妻の姉が入院しているため、早退してお見舞いに行くことになっていました。だから、妻が東京方面に向かった後だった可能性もあったのです。

ちなみに、大船駅では、上に書いたことの他に、職員の作成した帰宅マップの配付までしており、交通が麻痺した状態で考え得る様々なサービスを提供してくれていました。
後で知ったことですが、JRの駅の中には出入り口のシャッターを閉めて乗客を閉め出した駅もあるとのこと。この辺りの対応の差は一体何なんだろうと思います。
僕は鉄道が好きだし、社会のインフラとしての鉄道の意義や、環境問題・高齢社会への対応という意味でも鉄道の果たす役割は大きいと思っています。そして、社会の拠点としての駅の存在というのも大切だと思っており、今回の大船駅の対応は、まさにそれを証明したものだと思っているのですが、先ほどの踏切の点といい、その他の駅での対応といい、JR全体として自分たちの会社の社会的な役割と、それを率先してアピールしていかなければ「モータリゼーション」の波に呑まれてしまうということを自覚できていないのではないかと感じました。
タグ:地震 災害
posted by akira at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

輪番停電

輪番停電のグループ分けについての情報です。

■横浜市のサイト
http://www.city.yokohama.lg.jp/shimin/koho/0311zishin/teiden.html
■東京電力のサイト(神奈川県)
http://www.tepco.co.jp/images/kanagawa.pdf

各交通機関の情報です。

■JR東日本
http://www.jreast.co.jp/apology/20110311_earthquake.html
■相模鉄道
http://www.sotetsu.co.jp/train/info/77.html
■横浜市営地下鉄
http://www.city.yokohama.lg.jp/koutuu/kigyo/newstopics/2010/n20100314-8221-01.html
■京浜急行
http://www.keikyu.co.jp/company/news/2011/detail/003262.html

また、mixiの東戸塚コミュには、かなり情報が集まっています。

■mixi「横浜の東戸塚☆大好きっ」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=56323

mixiは、携帯電話からも見ることができます。(http://m.mixi.jp
地震当日もモバイルmixiにはずっとアクセスできていましたので、
携帯通話や固定電話通話よりも安定性は高いのではないかと思います。
タグ:地震
posted by akira at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

東北地方太平洋沖地震 vol.02

最初、鎌倉で地震に遭遇した時には「大きな揺れだな」とは思いましたが、震源が宮城という情報は入っていたので、関東への影響がそれほど大きいとは思っていませんでした。
「どうせしばらくは電車は動かないだろうから、予定通りにお寺を見て回っていればいいや」と思っていました。地震の時には妙本寺前にいましたので、妙本寺を見てから、宝戒寺に向かおうと、小町大路を歩いていました。
停電していてテレビが情報源にならないからか、地元の方々が家の前に集まって、携帯電話でワンセグ放送などを見たり、情報交換をしている様子でした。
途中、道の真ん中でエンストしている車があり、その車を押して道端に止める作業をしている方々がいたので、一緒に車を押したりということはありましたが、それほど大きな混乱が起きている様子はありませんでした。
ところが、宝戒寺を後にして、鶴岡八幡宮方面に向かってみると、だんだん地震の影響が目に見え始めました。
信号が消えているので警官が手動で整理しているだけではなく、建長寺方面への道は大渋滞になっており、警官が金沢街道方面に誘導していました。太鼓橋の前では、石段に腰掛けて携帯を見ている人が多数。
僕も、この時点で改めて携帯を確認し、かなり大規模な津波警報が出ていることを知りました。いくら何でも鎌倉の市街地まで津波はこないだろうと思ったものの、一応、鶴岡八幡宮の石段の上に非難。ちょうどその時、津波警報のサイレンが鳴り響くのが聞こえました。救急車のサイレンが鳴り響く音も聞こえており、何となく不穏な雰囲気を感じ始めたのはこの頃です。
ちなみに、地震の直後に妻には携帯からメールを送ったのですが、妻からの返信はなく、携帯からネットにはつながっても、電話は全く通じない状態でした。後で確認したところ、僕からのメールは着いていたそうですが、妻から返信されたメールは、現時点(13日0時)でまだ届いていません。
この辺りからツイッターをチェックし始め、有用と思われるつぶやきにはリツイートをしました。ツイッターは3月に始めたばかりで、ほとんどフォロワーはいないのですが、阪神大震災の時にパソコン通信が活用されたという経験があるので、こういう時にはネット上にできるだけ情報をあげるというのが良いという意識があったのです。
さて、しばらく鶴岡八幡宮にいましたが、いつまでもそこにいても埒があかないので、とりあえず駅まで行ってみることに。
小町通りを通ってみましたが、停電のためにほとんどの店が閉店しており、観光客の人通りはあるものの、閑散とした雰囲気です。
駅まで出てみたものの、復旧の見込みがないという情報以外には特に新しい情報はなし。ただし、JRは自前の発電所を持っているため電力が供給されており、トイレを使えたのは良かったです。
妻からのメールの返信がなかったため、この頃から自分の現状をmixiの日記に書き始めました。結局、妻はこの記事を見てなかったのですが、今後同じような事があったらmixiを活用する旨を確認済みです。
そろそろ日がかげってきており、寒さを感じるようになったものの、お店に入ることもできないので、とりあえず大船まで歩こうと決意しました。大船まで出れば複数の交通手段が選択できると思ったからです。
タグ:災害 地震
posted by akira at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

東北地方太平洋沖地震 vol.01

今回の地震では、本当に広い地域の多くの方が影響を受けたようです。
特に、震源に近い地方の状況を伝えるテレビの報道を見ますと、本当に胸がいたみます。
できるだけ多くの方の命が助かることを願うとともに、お亡くなりになった方のご冥福をお祈り致します。

さて、今回の地震が起きた時、僕は休日で、鎌倉に居りました。
職場は川崎なのですが、実家も川崎にあるため、職場にいる時に、大雪・台風・地震などの災害にあっても帰宅難民にはならずに済むのですが、鎌倉にいる時に災害に遭遇するのは計算外でした。

結局、鎌倉→北鎌倉→大船→戸塚と歩き、戸塚から自宅付近まではバスに乗りました。
鎌倉を17時過ぎに出て、大船についたのが19時前。そこでひと休みして戸塚に到着したのが20時30分頃でした。
国道1号が渋滞していたため、自宅付近のバス停まで普段なら15分程度なのに1時間ほどかかりました。

出先ではあるものの、土地勘のある場所だったので、とりあえず無事に帰ってくることができました。
今回の体験について、何回かに分けて書いておきたいと思っています。
タグ:災害 地震
posted by akira at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

地震でJRがストップ

今日(もう日付が変わったから昨日ですが…)8時半ごろにあった地震の影響で、東海道線・京浜東北線・横須賀線が運転を見合わせました。
いざとなれば、職場から歩いて行ける距離にある実家に泊めてもらうということもできるのですが、仕事の関係で明朝は朝早く出掛けなければならないので、今回は、多少無理してでも帰宅せねば、と思いました。

JRが止まっているというのに、なぜか京浜急行は運行しているので、急いで京急川崎駅へ。それが10時30分ごろのことでした。
しかし、来る電車はいずれもすし詰め状態で、とても乗れたものではありません。川崎始発の普通電車が来て、やっと電車に乗れました。京急の普通電車は各駅に停車する上に快速電車など待ち合わせがあるために、時間はかなりかかりますが、午前0時が運転再開予定という東海道線・横須賀線を待っているよりは、はるかにマシです。

さて、上大岡で下車して、ここからタクシーに乗ろうと思ったのですが、長蛇の列の上に、5分くらい待っても列が前へ進む気配がありません。携帯電話で東戸塚駅行きのバスの時刻を調べたら、さすがにもう東戸塚まで行くバスはなし。不動坂までの深夜バスがあるのみです。市営地下鉄の時刻を調べた所、まだ電車があるので、急いでそちらに切り替えました。
ところが、市営地下鉄も大混雑。1本電車を見送って、2本目に乗車。この時点ですでに日付が変わる頃でした。

戸塚駅に到着して、タクシー乗り場に出てみれば、ここも長蛇の列。
以前、同じようにタクシーの列に並んだことはあるのですが、その時には、タクシーがどんどんやってきている状態でしたが、今夜はタクシーが来る気配もなし。
そこで、意を決して歩いて帰ることにしました。
以前、川崎の梶ヶ谷に住んでいた時、終電車が人身事故で止まり、武蔵中原で放り出されたことがありました。その時は、2時間かけて歩いて帰ったのですが、その時に比べればはるかにマシと、腹をくくりました。
戸塚駅から富士橋まで20分ほど。そこから、名瀬川沿いの道を歩いて、自宅まで計50分弱かかりました。

どうせ戸塚から歩くなら、バスで不動坂に出ていた方が良かったかもしれないな、と、後から反省しています。
posted by akira at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。